エンジニア向けのビジネススクール

エンジニアになれば、技術だけで一生食べていけるという時代はすでに過去のものとなりつつあります。

技術屋であっても、最近では経営に直結する提案力や営業方針を提示することが求められるため、技術のみでは先行きの見通しが立ちにくくなってきているのです。そこで、エンジニアのためのビジネススクールにて経営知識を身につけることで、提案力やビジネス的な見地からクライアントに対して発言をすることが出来るようになるのです。

優れたエンジニアであっても経営知識がなければこれからは生き残ることが難しい時代であるため、ビジネススクールで最新の知識を身に着けながら、仕事に役立てたいと考える技術者も増えてきています。技術というのは会社の経営方針に密接に関わる商品であることから、その技術がどのように会社の経営に生かせることが出来るかの説明や提案が求められるという厳しい時代に突入しているのです。

そこで、エンジニアがビジネススクールで学ぶことで、経営の知識を生かして、この技術がどのように会社に貢献することが出来るのか、また、どういった利益をもたらすことができ、業務の改善につながるかを提示することが出来るようになります。今やビジネスと技術というのは密接不可分であることから、それぞれ別の分野の仕事という考え方はすでに過去のものとなりつつあり、ビジネススクールで経営に関する知識を身につけることが、将来的に役立つようになるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *