社会人がプログラミングスクールに通うメリット

プログラマーは日本だけでなく世界規模で不足が懸念されていることから、海外では学校教育の一環としてプログラミングを取り入れていて、プログラマーを育てる流れが一般的になっています。

特にヨーロッパでは学校教育にプログラミングを取り入れており、イギリスやオーストラリアなどでは小学校から学ぶようになってきました。日本でも2020年からプログラミング授業の義務教育の必須科目として取り入れることが検討されていて、未来の社会人が当たり前のようにプログラミングする時代がやってくることが予想されています。プログラマーは専門職という時代から誰もがプログラミングできる時代を迎える前に、すでに学校を卒業して働いている人々も知識が必要な時代がやってきます。

近い将来困らないためにも、すでに社会人として働いている場合にはスクールに通うことがおすすめです。現在日本ではプログラマー不足を解消させるために、IT業界未経験者でも採用する企業が増えています。オリンピックを迎えるためのインフラ整備の需要からさらにプログラマーのニーズが高まっていることから、ビジネスとして活かしていくことを検討している人にとっては学習するためにはちょうどよいタイミングです。

ただし、未経験者が学ぶにはハードルが高いため、社会人でも学びやすいスクールに通うことが必須条件となります。社会人としスクールに通う場合には、通いやすい場所だけでなく自分の都合に合う時間帯、そしてコスト面などから自分のニーズに合う場所を選ぶことが重要なポイントとなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *