MBA取得を目指すエンジニアのためのスクール

欧米では様々な分野の人がMBAを取得しているという実情があります。

芸術や法律といった一見関係ないような学位を持っている人がMBAを取得するケースが多く、それだけ経営学というものが様々な分野に影響をもたらしていることをうかがい知ることができるのです。欧米の影響もあり、日本でも変化が生まれています。最近では、ITエンジニアがMBAを取得するためにビジネススクールへ通うケースが増えてきているのです。

ITエンジニアというのは2000年代初頭に大量に生まれた職業であり、今ではこの仕事がなければIT技術の提供が成り立たないと行った状況を生み出しているのです。それでもなおITエンジニアに求められるものというのは多様化しているため、それに対応するためにはビジネススクールで経営戦略を学ばなければ求められる価値をクライアントに提供することができない状況となっています。

ビジネススクールでは、社会人の受講生が多いことを配慮して夜間に開口しているところが増えてきています。プロジェクトマネジメントのスキルが現場で求められるようになっていることから、大学や専門学校で学んだことをすぐに現場で活かすことができる面白さが、エンジニアをビジネススクールへと向かわせているのです。結局IT技術の延長にあるのが業務プロセスの改善であることから、その業務にどのような利益をもたらすことができるのかという提案を行うことがエンジニアに求められています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *