プログラミングスクールと資格取得の比較

一般的にパソコン関連のスキルや語学など仕事に役立つ様々な資格を取得していたほうが就職・転職の際に有利です。

しかし、慢性的な人材不足という問題を抱えているエンジニアの場合には、資格取得者と同等以上のスキルさえあれば就職希望者が殺到するような大企業であっても比較的に就職しやすい状況となっています。このように企業側からの需要が高い職種であることから他の職種に比べて収入面で高待遇が期待されるため、新卒者はもちろん転職希望者の間でもプログラマーやエンジニアを目指す人が増えてきています。

そして、そういった方のほとんどがプログラミングスクールに通って技術や知識を身に付けているのです。国家資格を取得するには試験で合格するまで学習を続けなければなりません。そのため、合格までの明確な期間を全く先読みすることができないばかりか、100万円以上もの高額な費用がかかることが考えられます。それに比べてプログラミングスクールでは長くて半年ほどで仕事に活かせる技術と知識を身に付けることができ、費用も30万円ほどで抑えることが可能です。

また、ほとんどのプログラミングスクールは受講生に対して手厚い就職サポートを行っており、就職・転職活動の際に心強い味方となってくれることも大きなメリットとなっています。そのほかにもプログラミングスクールの紹介先の企業に就職したり、卒業後の一定の期間内に就職・転職できなかった場合には受講料の全額キャッシュバックが行われる転職保証サービスを用意しているところもあります。ですから、プログラマーやエンジニアになりたいという方は、プログラミングスクールに通って技術や知識を磨いた方が就職・転職しやすいはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *