事務作業に必要なソフトウェア

会社で仕事をするときには、単純な作業をパソコンにさせることが多くなってきました。

この時に利用するのがオフィスと呼ばれるソフトウェアです。正確にはいくつかのものが統合されたパッケージになっているものを指します。オフィス環境といえば、ワープロソフトや表計算ソフト、データベース、プレゼンテーションソフトが主なものとなっています。これらは事務作業を行うのに最適化されているものだと言えるでしょう。例えば報告書やレポートを作成するために用いることができます。

表計算ソフトは簡単な計算を行うために開発されたものです。簡単と言っても、四則演算だけではなくて様々な計算を簡単に行うことができます。膨大な量の計算をグラフィカルに表示できますから、計算をさせるために細かいプログラムを作成する必要はありません。

ワープロソフトはプリントアウトする書類を作成するためのもので、画像を貼り付けたり文字を装飾したりすることができますから、会社では報告書などを作成するのにも用いられますし、簡単なパンフレットならすぐに作成できるというメリットがあります。最近では書類を配布するのではなくて、画面上で表示させて説明することが多くなってきましたが、この際に用いられるソフトウェアがプレゼンテーションソフトです。多くの企業では同じような事務作業を行いますから、必要なソフトウェアも共通しています。これらを統合させたものがオフィスソフトと呼ばれるパッケージです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *