プログラミングのオンラインスクールの良否について

一般の予備校でも今はオンラインで授業を行っていることが多々あります。

有名講師の授業を受けたい場合、東京でしか受けられないのでは学生に不公平ですし、予備校側にしても魅力が半減することになります。オンラインでの授業は現在だからこそできる究極の学び方と言えます。普通の学びでさえそうなのですから、プログラミングスクールではなおさらオンラインで学ぶことを上手に活用するべきです。このように言ってしまいますと、身も蓋もありませんが、勉強は結局は自分自身がどのような姿勢で学ぶかにかかっています。

講師や先生というのは背中を押すサポート的な役割を果たせる人が理想の講師であり先生です。もう答えはわかるでしょう。プログラミングスクールはオンラインでも全く問題ないのです。自分で取り組んでわからないときに教えてもらうというやり方が一番身に付きます。このように書きますと、スクール自体に意味がないことになりそうですが、違います。では、スクールはなんのために必要かと言いますと、繰り返しになりますが、背中を押すためです。人間というのは生まれながらにして怠け者です。

性悪説ではありませんが、誰でも勉強は嫌なものです。特に壁にぶつかったりしますと、挫折しやすくなります。これはどんなに優秀な人も同じです。そのようなときに声をかけてくれるのがスクールの講師や先生たちです。プログラミングというのは普通の勉強よりも難しいものです。アルファベットばかりが並んでいることもありますが、簡単に理解できないことばかりです。ですので、講師や先生の存在が大きな意味を持ってきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *