プログラミングをスクールで学ぶときには

プログラミングは独学でも身につけることはできますが、短期間で効率的に学習できるのはプログラミングスクールです。

スクールに通うときは、まず自分がなぜプログラミングを学びたいのか目的をはっきりさせておくといいでしょう。キャリアアップを図りたいのか、スキルを身に付けて転職を目指すのか、フリーのエンジニアになりたいのかなどの目的をはっきりさせておくと最適なところを選べるはずです。

スクールは転職を目的としているところと、仕事上のスキルや副業のために学ぶところと2つに分類できます。また、プログラミング言語でできることは異なります。何を作りたいか、得たい知識は何かを明確にする必要もあるでしょう。

動きのあるwebサイトを作りたいならjavascript、データベースの構築にはPHPやRuby、機械学習でのビックデータ解析ならPythonといったふうに選択してください。プログラミングを学ぼうと考えている方の中には働いている方や学生の方も多いはずなので、受講期間を考えることも大切です。

講義形式にはブートキャンプ形式で1ヶ月間学習するところや数ヶ月から半年間で転職を目指すところ、半年以上の受講期間で専門知識や資格の獲得を目指すところがあります。自分の通える形式で学べるスクールを選択しましょう。

授業の形式も講義形式と自主学習形式、オンライン形式があります。講義形式は一般的な講師から学ぶスタイルで、自主学習やオンライン形式は学習教材を自分で勉強していく形式になります。どちらが自分に見いているかも考えておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *